想定されるご相談事例

  • 低すぎる報酬

20代 男性 配達員

報酬があまりに低すぎるため賃上げを要求したが、取り合ってくれなかった。

GさんはECサイトの配達員です。1箱につき50円で荷物を配達する契約をしていました。毎朝9時に配送センターに集合して、午後3時までに100個は配達させられます。3時に配送センターに戻ってきた後も、夕方からまた60個は配達します。1日10時間働いても160個配達するのがやっとで、報酬は1日8000円程度にしかなりません。担当者に、報酬を上げて欲しいと要求しても全く取り合ってもらえませんでした。「このままでは生活が苦しく、何とかなりませんか」と電話でお問い合わせいただきました。

フリーランス・トラブル110番の対応例

まずGさんに、現在のお仕事の稼働状況をうかがいました。それをもとに1日の報酬を時間給に換算したところ、明らかに最低賃金を下回っていました。そのため、法律で定められた最低賃金よりも低い単価であることをECサイト側に対して説明し、報酬単価の増額を求めてみてはどうかとアドバイスしました。
Gさんはアドバイスを受け、改めてECサイト側と交渉したところ、サイト側は最低賃金を下回っていることを認め、報酬の見直しを約束したとのことです。さらに、今後は配達員の長時間労働の改善についても考慮してもらえることになりました。